Wordpressの固定ページにシミュレーターを挿入する方法

WordPressの固定ページにシミュレーターを挿入する方法

WordPressの固定ページにシミュレーターを挿入する方法です。

WordPressの固定ページに特定のカテゴリーの投稿一覧を表示するという方法で挿入してみたいと思います。

その方法として、

・プラグイン【Exec-PHP】で固定ページ内でphpが使えるようにする
・phpファイルを作成して固定ページ内にInclude

などがあるそうですが、今回は、「phpファイルを作成して固定ページ内にInclude」でやってみます。

 


 

1.投稿ページにシミュレーターを作成する

記事内でJavaScriptを動作させるプラグイン【Inline Javascript Plugin】をインストール/有効化したうえで、

投稿ページにJavaScriptでシミュレーターを作成します。

↓↓こんな感じに書きました↓↓

そして、”Simulator”というカテゴリースラッグも作成し、この記事のカテゴリーを”Simulator”にしておいてください。

↓↓参考にさせていただいたサイト↓↓

WordPressにJavaScriptを投稿しても動かない!
http://mislead.jp/836.html
自動計算フォームAタイプ(消費税あり)
http://www.tagindex.com/javascript/form/comp1a.html

WordPressブログ管理者必見! 『スラッグ』を活用しよう
http://www.infact1.co.jp/staff_blog/webmarketing/4853/


2.function.phpにPGMを追記

記事内/固定ページ内にphpファイル(任意のファイル)を読み込ませるには、記事内にショートコードを書く。

そのショートコードを有効にするために、テーマ内(≪フォルダ名≫/wp-content/themes/≪使用しているテーマ≫/)のfunctions.phpの最後に以下を追記。


3.phpファイルを作成

シミュレーター1つを表示するので、カテゴリー:Simulator の記事1つを取得するためのphpファイルを作成。

※2行目の category_name=〇〇 にカテゴリースラッグを,showposts=〇 には表示させる件数を入れます。
※3行目は、記事タイトルを表示し、その記事へリンクさせる記述です。


4.ショートコードを固定ページのシミュレーター挿入部分に記入する

phpファイルをテーマ内(≪フォルダ名≫/wp-content/themes/≪使用しているテーマ≫/)にアップロードできたら、一覧を表示したい固定ページの記事内にショートコードを記述。

読み込ませたいphpファイル(今回は yamaguchi_add.php)を作成し、同ディレクトリ(≪フォルダ名≫/wp-content/themes/≪使用しているテーマ≫/)にアップロード。
固定ページ内の任意の場所に以下のショートコードを記述。(ファイル名が yamaguchi_add.php の場合)

[myphp file=’yamaguchi_add’]

 

 

以上で固定ページにシミュレーターを挿入することができました!!!

システムHP用シュミレーター画像

 

↓↓参考にさせていただいたサイト↓↓

【wordpress】固定ページに特定カテゴリーの投稿一覧をプラグインなしで表示させる方法
http://kawatama.net/web/1123